今年のTOYBOX冬の海外ツアーは

ボホールへ!

世界屈指のダイビングポイント「バリカサグ」でのダイビング付きツアー。
幾度となくダイビング雑誌にも取り上げられているフィリピン屈指のスーパードロップオフポイント「バリカサグ」はあまりの人気に1日150名までの人数規制まで敷かれるほど。今回4日間というご参加しやすい日程ながら、6Dive付きです。


・出発  2019年2月26日 23:00 羽田空港集合

・帰着  2019年3月01日 20:05 成田空港着

・料金  168000円

・費用に含まれるもの
 ・羽田から成田帰着までの移動費(飛行機、現地陸移動)
 ・ボホールでの3泊宿泊費(2名1室)
 ・朝食3回
 ・羽田空港税、マニラ空港税、燃油サーチャージ、バリカサグ環境税、カメラ税

・費用に含まれない物(1ペソ約2円)
 ・ツアー中の昼食、夕食費
 ・タグビララン空港税100ペソ
 ・レンタル器材 3000円

 日程表

2/27(木) 羽田発     01:30 フィリピン航空PR423      
マニラ着    05:30                 
マニラ発      09:10 フィリピン航空PR2773        
タグビララン着 10:30                  
        午後  1ボートダイブ ボホールエリア
2/28(金) 午前 2ボートダイブ バリカサグエリア
午後 1ボートダイブ ボホールエリア
2/29(土) 午前 2ボートダイブ バリカサグエリア          
午後 フリー
3/01(日) タグビララン発 11:10 フィリピン航空PR2774
マニラ着    12:30 
マニラ発    14:50 フィリピン航空PR432
成田着     20:05

・宿泊 ロストホライゾン/モダンデラックスルーム 2名1室
・利用ダイビングサービス フィリピンファンダイバーズ(日本人ガイド常駐)
・ホテル&ダイビングホームページ  https://www.losthorizonresort.com/
・機内預け可能荷物 23kg×2個

・1日150人のバリカサグダイバー規制が満席になってしまいますとご予約ができませんのでお決まりになりましたらお早めにご予約ください。



 利用ダイビングショップは日本人ガイド常駐でホテル併設、船もホテル前から出港とラクチン。またフィリピン旅行にはつきものの色々と現地でかかる費用をなるべく料金込みと致しました。各地空港税、バリカサグダイビング税、パングラオダイビング税、カメラ税、燃油サーチャージ等…その他ご不明な点は何でもご連絡くださいね。




 正確にはボホール島からさらに離島のパングラオ島という島に滞在します。
そこから船で30分ほどに今回目的のバリカサグ島があります。





今回滞在するのが「アロナビーチ」という全長1.5kmのホワイトサンドのビーチ沿いのホテルです。




ホテルはビーチ直結。利用ダイビングサービスもホテル併設でプールやレストランも併設。





バリカサグダイビングの良いところはなんといっても魚影の濃さ。最近ジンベエザメも出ているよう





ダイビング以外の時間も「世界最小メガネザル、ターシャ」や「世界遺産 チョコレートヒル」、「ヴァージンアイランド」等、見どころたくさん。何をするかはご参加者の皆さんで決めようと思います。

・キャンセル規定

現地キャンセル規定及び旅行者の規定によるキャンセル規定となっております。

※ご予約直後より…16000円(バリカサグでのダイビング規定より)
※日本ご出発の60日前より…ご旅行代金の20%
※日本ご出発の30日前より…ご旅行代金の50%
※日本ご出発の14日前より…ご旅行代金の70%
※日本ご出発の当日より…ご旅行代金の100%

月別アーカイブ

よろしければ、いいね!お願いします

ありがとうございます!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事